酵素が不足すると、どんなことが起こるの?

体内の酵素が不足すると、良くないことがいろいろと起こります。
まず、酵素が不足すると、食べた物が上手く消化されないため、腸内に老廃物が蓄積されます。この状態が便秘です。つまり便秘の原因は酵素不足の場合もあるのです。そして、蓄積された老廃物からは毒素が発生し、血液と一緒に体中に流れますから、血液がドロドロになるというわけです。こうなると、便秘や肌トラブルだけでなく、薄毛や体調不良になる可能性もあるのです。さらにドロドロ血液は動脈硬化になりやすく、そこから狭心症や心筋梗塞など怖い病気に進行することがあります。
また、酵素不足は新陳代謝の低下にもなります。そうなると脂肪を効率良く燃焼することができず太りやすい体質になってしまいます。がんばって運動しても痩せないという人は、酵素不足による新陳代謝の低下が原因かもしれません。代謝の低下は肌トラブルを引き起こすことがありますから、美容にもよくありませんね。
酵素が不足すると、このように様々な悪影響が出てしまいます。そうならないためにも、毎日意識して酵素を補うことが大切ですね。また、酵素を無駄に消費しないために、偏った食事や睡眠不足、運動不足、過剰なストレスには十分注意しましょう。

Copyright(c) 酵素ダイエットの人気が高まっているのには、ちゃんと理由があります All Rights Reserved.